logo.gif

ドミニカ共和国

ハラバコア モロンタ

Dominican_moronta2.gif

 JARABACOA(ハラバコア) 
名前の由来は原住民タイノ族の言語の 意味は“水の流れる場所”から来ています。 

その名の通り、大きな3つの川:バイグアテ川、ヒメノア川とヤケ・デル・ノルテ川(国内で二番目に大きい)の主要河川を持っています。 
バイグアテ川とヒメノア川を合流、次にヒメノア川とヤケ・デル・ノルテ川が合流し、国内で最も重要な流域になる。 

ハラバコアはシバオ地域、中央山脈の北東に位置し、都市の土地面積は690.53㎢、その山間の谷の中心部にハラバコア谷(海抜標高約530メートル)が存在する。ハラバコアは熱帯雨林気候を有しています。

その熱帯のロケーションと高い標高に、一年のほとんどの間、暖かい日と穏やかな夜を持っている、その穏やかな温度で、訪問者は次のようにハラバコア洗礼をしている「永遠の春の都市」。

主な観光スポットの一つは、中央山脈の中心部の山間や地域の自然の美しさです。また、ピコ・ドゥアルテ(海諸国での最高峰)とエバノヴェルデ(コクタン)科学保護区への主要なアクセスの一つです。

外国人観光客にも、ドミニカ人にも人気エコツーリズムの観光地です。農業は経済基盤で主な生産はコーヒー、家畜、野菜、豆、花等… 
これまでに記録された最も寒い温度は2012年2月24日、7.1℃でした。 
モロンタ家はこの地域に40年以上、家族と共に、コーヒー栽培を続けております。

現在、息子が引き継ぐ為に日々動力しています。 
兄弟の農園近くにあるので、皆で力合せて栽培に取り組んでいる。  

【生産国】ドミニカ共和国
【農園名】ハラバコア地区 モロンタ農園
【品種】カツーラ
【標高】1,300 ~ 1,400m
【精製工程】ナチュラル


Singleorigin2.gif
blend.gif
coffeegoods.gif